ホトトギスの鳴き声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホトトギス 鳴きつる方を眺むれば ただ有明の月ぞ残れる

温かい季節に日本に渡ってくる鳥です。上記の百人一首にもあるように、昔から「夏の鳥」として日本人に広く親しまれてきたようです。本社農場周辺にもたくさん飛来して、朝も昼も夜も、きれいな歌声を響かせています。

なかなか姿が見られないので、近くの雑木林から聞こえる鳴き声だけ動画に収めました。途中、ウグイスの声が聞こえます。

ホトトギスは、なんとウグイスなどの巣に卵を産み、子育てをウグイスに任せてしまう「托卵」という習性を持っているそうです。

たまに、鳴きながら飛んでいるホトトギスを見ることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です